スーパーべた基礎

「スーパーベタ基礎」で、地震に強い堅牢で快適な家を実現する。 コンクリートと太い鉄筋により「面」として家を足元からしっかりと支える。

※太い鉄筋を高密度に配筋した「スーパーベタ基礎」。

全面にコンクリートを流し込むので、地面の湿気を抑える。

何事も基礎が大事と言われますが、住宅においても同じです。
ヘルシーホームの基礎は鉄筋を格子状に配筋し、組んだ上からコンクリートを流し込む「ベタ基礎」を採用。
家を面で支え、地面の湿気も抑えます。優れた耐久性は基礎にも理由があるのです。

基礎の立ち上がり部を高く太くして、耐久性を高める。

ヘルシーホームの基礎は、立ち上がり部を20㎜高くすることで風通しをよくするとともに、木部への水の跳ね返りを防止。
住まいの強度を向上させています。

太い鉄筋を高密度に配筋し、見えないところから堅牢に。

一般的な基礎では、直径10㎜の鉄筋を300㎜角ピッチで配筋しますが、ヘルシーホームのスーパーストロング耐震工法は、直径13㎜の鉄筋を200㎜角ピッチで高密度に配筋し、強度を上げています。

さらに平面のベタ部分のコンクリートは一般的な厚み120㎜に対して、より頑強な150㎜です。

スーパー排水穴 豪雨や水害時に住宅が浸水した場合でも水を排水することができるので安心です。

岡山県の軟弱地盤を知り尽くしたヘルシーホームだからこそ、徹底して基礎にこだわります。

揺れに強いポイント1万が一の大地震に備え、見えないところもしっかり対策。

何事も基礎が大事と言われますが、住宅においても同じです。
ヘルシーホームの基礎は鉄筋を格子状に配筋し、組んだ上からコンクリートを流し込む「ベタ基礎」を採用。家を面で支え、地面の湿気も抑えます。優れた耐久性は基礎にも理由があるのです。

揺れに強いポイント2主筋の本数が通常の2倍。怖いタテ揺れから基礎を守ります。

地震が発生した際、家に大きなダメージを与えるのがタテ揺れです。
ヘルシーホームでは、コンクリートの中の主筋の本数を通常の2倍に増量し、タテ揺れへの耐久性を向上させています。

さらにこだわる

地盤改良:地域特性までも考慮して、強度を高める工夫が随所に。

ヘルシーホームの基礎工事は、建物の固定荷重はもちろんのこと、岡山県内の各地域特性を踏まえた積雪荷重や生活荷重なども考慮します。地盤の解析結果によっては、基礎補強工事のご提案や地盤改良工事を施します。

床下:全周換気により、湿気を取り除きシロアリの発生を抑える。

床下の腐食やシロアリの発生を抑えるため、基礎と土台の間にパッキンで隙間をつくり、床下の通気量を通常の1.5~2倍確保しています。従来の工法にはない全周換気により、床下に湿気を留まらせません。

ヘルシーホームの基礎づくりは、
住まいの足元のオーダーメイド。

ヘルシーホームの基礎は、地盤の特性や形状に合わせて職人が作り上げます。それぞれの住まいに合わせた基礎のオーダーメイドと言えるでしょう。

通常の建築基準法(耐震等級1)程度では、阪神大震災旧で倒壊する危険があります! ヘルシーホームは全棟において耐震最高等級(耐震等級3相当)を実現しています。
ヘルシーホームの家づくりがもっと詳しくわかる人気の家作りカタログセット 無料プレゼント毎月限定20組様