スエルテ構造金物

金物ひとつに込める、安全への想い。ゆるみを抑え、耐震力を維持する工夫を重ねる。

※ゆるみを抑え、耐震力を維持する「耐震金物」。

金物ひとつにも、耐震について考える。

本当に地震に強い住まいを実現するため、金物ひとつにもこだわり抜きます。
我々が検討を重ねて選択したのが、現在の現場で使用している耐震金物です。

内蔵スプリングとマジックリングのダブル効果。

ヘルシーホームで使用している耐震金物は、木材の木痩せ、荷重による収縮や、振動による緩みを防止する特殊なものを使用しています。 金物の中にスプリングが内蔵されていて、木材の木痩せに追従して密着。
付属するマジックリングとともに耐震性を強力に維持します。

ミューダムのメカニズム
ミューダムは、内鋼管と外鋼管が刀と鞘のように二重構造になっていて、スライドできる筋交いです。そのスライド部 分にボルトで 強く締め付けたアルミ板を仕込んでおり、地震時に伸び縮みをして摩擦し、そこで金属流動という現象が起きます。一般的な摩擦は接触面で滑り、摩耗し、粉がポロポロ落ちて滑りの抵抗力が低下しますが、金属流動はそれが一切なく、ほとんど抵抗力が低下しません。この抵抗力で地震エネルギーが熱エネルギーに変換され、揺れを減らすのです。
金属流動とは?
金属流動とは、アルミと鋼材を強く押し付けたままスライドさせようとした時、両者の接触面が焼き付き、完全接着され、それでも無理やりスライドさせた時、鋼材より柔らかいアルミが、グニュグニュと動き始める現象のことです。さらにスライドを繰り返しても、アルミは餅のように揉まれて、その摩擦抵抗力を保持します。

私たちが考える地震対策耐震+制震で無損傷を目指します


「人命の安全」だけでなく「住宅の価値」も守る、ミューダムはワンランク上の制震システムなのです。
建築基準法で規定された耐震構造は、「人命の安全」を守るのが精いっぱいで、最低限の地震対策なのです。我が国は世界一の地震多発国です。新築直後に大地震が来たら、どうなるでしょうか?家が傾き、サッシが破損し、壁紙が破れ、それらの補修費用で二重ローンになるかもしれません。新築時に、追加費用を出してでも最高の地震対策を講じておくべきです。

さらにこだわる

マジックリング:地震などの大きな力もピタっと抑える。

木材の木痩せによりスプリングが密着したあとは、付属するマジックリングが振動を締め上げる力に変えます。言わばクサビの働きをするマジックリングがあれば、金物が戻ることはありません。これにより地震などの大きな力が加わっても耐震力が低下することはありませんし、振動や風による家の揺れも抑えられます。

ヘルシーホームの家づくりがもっと詳しくわかる人気の家作りカタログセット 無料プレゼント毎月限定20組様